読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spkNote

football,running,kyoto

史上初の名岐ダービーは1-1の歴史的ドロー 2017 J2 第2節

football

f:id:rspk315:20170305102121p:plain

クラブの歴史に新たなページが書き加えられました。

 

スポンサードリンク 

 スポンサードリンク

 

初の名岐ダービー開催

2017年3月4日、史上初の名岐ダービーが開催されました。今年、J2を戦う名古屋グランパスの本拠地・豊田スタジアムに乗り込んだ岐阜。開幕戦を山口と戦いドローに終わった岐阜にとっては、今季リーグ戦初勝利を目指し、格上相手に胸を借りる思いで試合に望みました。開幕戦で負傷した田森に代わり田中パウロ淳一がスタメンの座を獲得。

f:id:rspk315:20170305100008p:plain

f:id:rspk315:20170305102638p:plain

序盤は開幕戦に続き岐阜がボールを支配

開幕戦では山口を相手に圧倒的にボールを支配した岐阜は、この試合でも臆することなく"大木サッカー"を体現します。中盤から激しいプレスを積極的に仕掛けボールを奪取するプレーが多く見られました。前半は名古屋の攻撃陣にほとんどボールを繋がせることなく試合を展開しました。シシーニョや古橋のペナルティーエリア外からの積極的なシュートもありました。

均衡を破ったのはパウロ 岐阜移籍後初G

後半に入ると徐々に名古屋がボールを繋ぎ始めますが、岐阜の守備も前半に続き集中力を保ち続けます。

そして迎えた79分。

中盤のシシーニョから右サイドで長いパスを受けた田中パウロ淳一が中に切れ込み左足一蹴、ニアに蹴り込まれたボールは元日本代表GK楢崎の手をかすめ名古屋ネットを揺らし岐阜が先制に成功。パウロはJ2、そして岐阜移籍後初ゴールをこの大切な一戦で上げました。

f:id:rspk315:20170305102346p:plain

90分に名古屋コーナーキックから内田に頭で合わされ1-1の同点に追いつかれ試合終了。歴史的一戦はドローに終わりました。

将来語り継がれる1戦

「今年の岐阜は違う」「岐阜やるじゃん」。この試合はNHK名古屋・岐阜の地上波で放送され、普段は岐阜の試合を観ない多くの人の目に触れました。大木監督は就任時の会見で「これまでの岐阜のイメージを変えるサッカーをする」と明言しましたが、早くもその言葉を現実のものにしました。多くの人の岐阜のサッカーの印象を大きく変える一戦となりました。この試合をきっかけに、岐阜のサッカーに関心のなかった人、岐阜というクラブから離れていた人が少しでも長良川スタジアムに足を運んでくれることを祈っています。

「5分で4得点」や「大垣決戦」などと並び、「3.4名岐ダービー」は岐阜の歴史を語る上で避けては通れない、歴史的な一戦となりました。

 

FC岐阜を応援しています

 

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする