spkNote

football,running,kyoto

FC岐阜 庄司移籍後初ゴールも横浜FCに逆転負け 開幕4戦勝ちなし

f:id:rspk315:20170319202243p:plain

初日はまたしてもお預けー。

 

 

スポンサードリンク 

 スポンサードリンク

 

ホーム連戦で横浜FCと対戦

2017年3月19日、ホーム連戦となった第4節は横浜FCと対戦。横浜FCは前節でキングカズこと三浦知良が今季初ゴールを上げており、今節もカズの姿を見ようと多くのサッカーファンが長良川に訪れましたがまさかのベンチ外。しかし、今年の岐阜は「サッカーそのものを観る価値があるんです。

スタメンは前節と変わらず。このメンバーで岐阜のサッカースタイルを成熟

させていこうとする監督の思いが伝わってきます。

f:id:rspk315:20170319194301p:plain

横浜FCは前節までスタメンだったカズがベンチ外。トップにはイバと津田(岐阜県出身)が入ります。

f:id:rspk315:20170319194432p:plain

今節もボールは支配するが…

この試合も開始前から岐阜がボールを持つ時間が多くなることが予想されていましたが、その通り岐阜がボールを保持する展開に。横浜FCは数少ないカウンターのチャンスを狙います。

ショートパスが多い岐阜は相手バックラインの裏をつく縦パスを狙いますが、なかなか効果的なボールを前線に供給することができず。

そんな中岐阜は18分、シシーニョペナルティエリア内で倒されて獲得したPKを庄司が決めて今季初めて先制します。庄司は岐阜移籍後初ゴール。

f:id:rspk315:20170319195312p:plain

このまま前半を終えたい岐阜でしたが41分、古橋が出したバックパスを横浜FC佐藤がかっさらいディフェンスを交わし落ち着いてゴールに流し込み1-1の同点。前半終了間際の岐阜にとっては痛い失点でした。

後半開始直後は大本、古橋が果敢にサイドを積極的に駆け上がる場面が見られるようになります。後半の入りでしっかりと修正してくるのは今年の岐阜のいいところ。

58分、横浜FCは寺田に変わって野崎を投入。するとその野崎は61分、津田からエリア前中央でボールを受けると、右に狙いすましたシュートがゴールネットを揺らし逆転します。

岐阜は63分に風間に代えて難波を投入。まずは同点を目指しますが、得点後はしっかりと守備を固める横浜FCを相手になかなかシュートを打たせてもらうことができず。

試合はこのまま終了。今季初めて先制するも逆転負けで連敗。今季最多の11,040人のサポーターに勝利を届けることができませんでした。

早期に確立したいフィニッシュまでのかたち

前節の松本同様にリードを許し、相手がしっかりと守備を固めてくる展開でなかなかシュートまで持っていくことができないもどかしい試合となりました。自分たちのボール回しからフィニッシュまでの形を早めに確立したいところです。次こそは今季初勝利を。

FC岐阜を応援しています

 

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする