読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spkNote

football,running,kyoto

FC岐阜 好調東京Vに惜敗で3連敗

f:id:rspk315:20170326140958p:plain

信じるのみ。

 

スポンサードリンク 

スポンサードリンク

 

好調東京Vとアウェイで対戦

2017年3月25日、開幕から未だ勝利のないFC岐阜はアウェイで東京Vと対戦しました。

東京Vは今シーズンからスペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招聘し、チームの建て直しを図っています。その効果が早くも現れており、開幕から4試合で1失点のみ。

東京Vのスタメン。3-4-3の布陣。

f:id:rspk315:20170326133243p:plain

岐阜のスタメン。右ウイングに山田、センターフォワードに難波が入ります。

f:id:rspk315:20170326133408p:plain

なお、実況は八塚さん。解説は川勝さん。

両者とも守備の集中力が高い好ゲーム

東京V、岐阜ともに守備陣の集中力が光る。

岐阜は開始早々にドウグラスヴィエイラにスペースを与え1対1の局面を迎えるが、ここはビクトルのナイスセーブで事なきを得る。

東京Vのロティーナ監督は「人ではなくボールを見て守備をする」ことを徹底させている。ポゼッションを高める岐阜に対しては他のチームと同様にしっかりと自陣で固め、集中力を切らさない。岐阜は3バック(ときに5バック)で固める相手の守備のスキをなかなか見いだせない。難波がスペースに侵入し、GKの守備をうまく交わしてゴールに流し込もうとするも安在にすんでのところで掻き出されるという決定的なシーンが前半のハイライト。

0-0のまま後半を迎える。後半は徐々に東京Vがスペースを使いボールを回すようなる。すると67分。前線に抜け出した東京Vのアラン・ビニェイロがエリア外から放ったシュートが岐阜のゴール右隅に決まり東京Vが先制する。

岐阜は68分に永島から野澤に交代。野澤は移籍加入後初出場。71分に田中パウロ、87分に今季初出場の瀧谷が難波に代わり入るが、最後まで集中力を切らさない東京Vのネットを揺らすことが出来ずにタイムアウト

岐阜は3連敗で今季初勝利はまたしてもお預けとなった。

 

スタメンを変更するなどして結果を求めた試合だったが勝利を手にすることが出来ませんでした。岐阜が9年かけてきてやってきたものを開幕5節で簡単に変えられるという方が都合の良い話かもしれません。自分たちファンは信じておりますが、選手たちも結果が出ない中、自分たちのプレーに自信を持ってもらいたいです。

変化は確実に起きています。

 

 

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする