spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

岐阜、金沢に強かな勝利 ヘニキ弾で5戦負け無し

f:id:rspk315:20170502205258j:plain

前節は讃岐に3-1で完勝し、リーグ戦初勝利から4戦負け無しと好調をキープしている岐阜は、ここ2試合勝利から遠ざかっている金沢と対戦。今シーズンから両チームの戦いは白山ダービーと銘打って行われることになった。

 

スポンサードリンク 

スポンサードリンク

岐阜のスタメンは前節と変更なし。前節ゴールを奪った古橋には期待がかかる。

f:id:rspk315:20170502205320p:plain

金沢のスタメン。2トップの一角には2012シーズンまで岐阜で戦った佐藤洸一が入る。

f:id:rspk315:20170502205339j:plain

金沢のハイプレスに苦しむ岐阜

岐阜は前半、高い位置から積極的にプレスをかける金沢の守備に苦しむ。中盤と前線が分断され、なかなかボールを持って前を向かせてもらえない。

金沢は高い位置でボールを奪うと果敢に岐阜ゴールを狙う。前半に幾度かあった金沢の決定的なチャンスは、相手の精度とビクトルの好セーブで何とか凌ぎ切る。

相手の動きが落ちたところで良い時間帯の先制

30分を過ぎた頃に金沢の動きが落ちてくると岐阜の時間帯がやってくる。38分、ペナルティエリア前で永島が相手に倒されてフリーキックを獲得する。キッカーの庄司が直接狙ったボールは相手GKの白井に一度は弾かれるものの、こぼれ球をヘニキがポストに直撃しながら体で押し込んでゴールイン。岐阜が良い時間帯に先制に成功する。

f:id:rspk315:20170502205433j:plain

後半も自らのサッカーで危なげなく勝利

後半頭から金沢は前線の佐藤に代えて山崎を投入し同点を狙う。しかし前半の様にプレスをかけられない金沢に対して、岐阜は本来のパスワークを発揮し追加点を狙う。

古橋が何度か決定的なシュートを放つがネットを揺らすことは出来ず。

最後まで追加点を奪うことができなかった岐阜だが、守備陣は最後まで集中力を切らすことなく金沢をシャットアウト。

岐阜が2連勝、勝点を15まで伸ばし順位を10位にまで上げた。

 

讃岐戦での快勝のあとの試合だっただけに苦しい展開になることは戦前から予想されました。そのとおり、前半はなかなか前を向けない苦しい試合でしたが、相手の動きが落ちたところを逃さなかった岐阜の強かな試合運びを見ることができました。

ヘニキの攻守に渡る活躍は本当に頼もしいです。ヘニキは前に所属していたときの派手でアグレッシヴなイメージ(「ヘニキャノン」など)がどうしても付きまといますが、今シーズンは文字通り「地味に」頑張ってくれています。最終ラインでせっせとボールを回している姿は「ヘニキきゃわ」以外の言葉が見つかりません。

ヘニキ、本当に岐阜に帰ってきてくれてありがとう。

f:id:rspk315:20170502205453j:plain

 

GWは最高のスタート!次は「塾は行け」でフラグを立てた群馬

 

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする