読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spkNote

football,running,kyoto

鳴らなかったホイッスル 岐阜、終了直前の同点被弾でドロー

f:id:rspk315:20170516062706p:plain

前節に連勝がストップした岐阜は敵地徳島・鳴門に乗り込んでの対戦。

徳島は今季からスペイン人監督のリカルド ロドリゲス氏を招聘し、新しいチームづくりを進めています。ここまで勝点20と順位表では岐阜の上に位置しています。

対戦成績は徳島の9勝、岐阜の6勝、3引き分け。

 

スポンサードリンク 

スポンサードリンク

徳島のスタメン。4バック予想でしたが、3バックで試合に入りました。

f:id:rspk315:20170516062738p:plain

岐阜は9試合ぶりにスタメンを変更。風間宏矢は是が非でも結果が欲しいところ。

f:id:rspk315:20170516062759p:plain

 

戦前、大木監督が「我慢比べになるだろう」と話したとおり、両チームがそれぞれの我慢を強いられる試合となる。

前半は徳島が主導権をとる。岐阜にボールを持たせたくない徳島の中盤の守備が機能し、積極的な攻撃に繋げる。

この日前線に入った渡、杉本、山﨑、前川らの攻撃陣がぶ厚い攻撃を仕掛け、幾度となくシュートを放つが、なかなかゴールを割ることができない。

f:id:rspk315:20170516062855p:plain

立ち上がりから徳島のリズムに圧倒された岐阜。19分にシシーニョの中盤からのクロスを風間がダイレクトで合わせるが、枠を大きく外す。30分を過ぎると徳島の選手の足が止まり始め、徐々にマークが剥がれて岐阜がボールを回せるようになるが、得点には至らず。チャンスの数では圧倒的に徳島が岐阜を上回り前半を終える。

f:id:rspk315:20170516062920p:plain

後半に入ると52分、岐阜は田中パウロに代えて山田を投入。

徳島は馬渡、カルリーニョス、更には後半途中から入った島屋らが決定的なシュートを放つが、この日も岐阜の守護神ビクトルが好セーブを連発し、岐阜のゴールを守り続ける。

f:id:rspk315:20170516062947p:plain

岐阜は風間に代えて難波を投入し得点への意識を高めると、82分、福村が左サイドから上げたクロスを徳島のDFがクリアしきれずこぼれたボールを、永島が思い切って左足を振り切る。ボールは相手GKを打ち破り、ネットに吸い込まれ、岐阜が遂に試合を動かす。

f:id:rspk315:20170516063030p:plain

数少ないチャンスをものにした岐阜。試合はアディショナルタイム表示の3分台へ。

ラストワンプレーで攻め上がった徳島。ルーズボールを岐阜のDFが大きくクリアしようとするが中途半端に終わり、徳島の選手に渡る。それを見た主審は試合の終わりを告げようと上げていた両手を下ろし、徳島に最後の攻撃を認める。

右サイドから上げられたクロスを徳島の岩尾が矢のようなシュートをネットに突き刺して同点。試合はそのまま終了。岐阜は連敗こそ阻止したが痛すぎる引分となった。

 

むしろ、岐阜の勝利を確信しなかった人がどれだけいたのか。本当に悔しい引き分けです。中3日で、今季唯一の平日ナイトゲームのホーム熊本戦が控えています。上位に引き離されない為に、そして徳島戦での落胆を一気に払拭する気持ちのよい勝利を期待しています。

 

「笛が鳴るまで最後まで戦え」と散々言っている自分が、最後にレフェリーがほんの一瞬笛を吹きかけたときがあって、その瞬間に私は「勝った」と思ってしまいました。そのあとの失点です。選手にあれだけ言っているのに、自分ができなかったという反省はすごくあります。

徳島戦後の大木監督の言葉

 

f:id:rspk315:20170516063122p:plain

次節はミッドウィーク開催 ホームに熊本を迎える

 

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする