spkNote

football,running,kyoto

首位福岡に我慢の展開もPKの1失点に泣く 10戦勝利なしでシーズンを折り返し 第21節福岡戦

f:id:rspk315:20170702143338j:plain

前節は千葉との壮絶な撃ち合いに敗れた岐阜。これで9試合勝利から遠ざかることとなった。そんな状況の中、岐阜は前半戦最後の試合を首位に立つ福岡とアウェイレベスタで戦う。

 

スポンサードリンク 

スポンサードリンク

セットプレーでは圧倒的な強さを発揮するCFのウェリントンには要注意。トップ下右サイドのジウシーニョは15シーズンの半年間、岐阜に在籍したベテラン選手。

f:id:rspk315:20170702143352j:plain

岐阜はこの日も前線にシシーニョが入る。福岡のベンチに入った城後を前にいいプレーをみせることができるか。

f:id:rspk315:20170702143407j:plain

 

福岡は戦前の3バック予想ではなく4バックの布陣を敷き、岐阜の前線3枚を対策する。

6分、岐阜は大本がカットインからこの試合初シュートを放つ。18分、福岡は三門がミドルシュートを放つがここはビクトルが好セーブでゴールマウスを死守する。

前半終了間際には古橋がエリア外からシュートを放つがここは僅かにゴール左に外れて得点ならず。前半は0-0で終了。岐阜は福岡にほとんどチャンスらしいチャンスを与えなかった。

55分、福岡はジウシーニョの右からのクロスをウェリントンが戻りながらボレーで合わせるが枠を外す。しかし59分、岐阜はここまで我慢の守備を続けてきたCBの阿部がエリア内でウェリントンを倒してしまい主審はPKを宣告。このPKをウェリントン自らが落ち着いて決め、福岡が先制に成功する。

福岡はその後も石津、城後といった攻撃的な選手を投入し、終盤にかけてもどんどん前から守備を仕掛ける。勢いが落ちない福岡に対して、なかなか攻撃の形をつくれない岐阜は、山田、瀧谷を投入して反撃への意思表示を明らかにするが、最後まで決定的な場面をつくることができず。

PKの1点を守りきった福岡が勝利し首位で前半戦をターンした。岐阜は前半戦最後の試合で勝ち点を得ることができず、10戦勝ちなしでシーズンを折り返すことになった。

 なかなか勝てないですね。ゲームはセットプレー、ウェリントンに対してのマークをよく頑張っていたんですけども、最後にPKを取られてしまいました。勝てませんが、選手はとてもよく頑張っていると思います。次のゲームに向かっていきたいと思います。

引用:福岡vs岐阜の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2017年7月1日):Jリーグ.jp

 

 

 

スポンサードリンク