spkNote

football,running,kyoto

またしても難波の劇的弾で岐阜が今季初の4連勝を達成 第33節山口戦

f:id:rspk315:20170918080506j:plain

3連勝、しかも終盤に勝ち越し点を上げる粘り強さをみせている岐阜はアウェイ連戦となる山口に乗り込む。山口は自動降格圏内の21位に停滞しており、必死で勝ち点を狙いにくる。

台風18号が接近する3連休初日、小雨が降ったり止んだりの、選手にとっては比較的プレーしやすいコンディションで試合は行われる。

スポンサードリンク 

スポンサードリンク

 

山口は3バックの右に福元が入り、守備陣の立て直しを図る。

f:id:rspk315:20170918080521j:plain

 

岐阜は阿部がスタメンに復帰。サブには永島や難波が控える。 

f:id:rspk315:20170918080534j:plain

 

立ち上がりから岐阜がボールを支配する。山口は岐阜の高いDFラインの裏を岸田、レオナルド・ラモスの両FWが狙う。

岐阜はスリッピーなコンディションのもと、シュートへの意識を高め、枠内シュートをどんどん放っていく。

38分、山口のFWレオナルド・ラモスが岐阜の田森と競った際、ラモスの肘が田森の顔面に入り、一発レッドカードで退場。山口は残りの時間を一人少ない10人で戦うことを余儀なくされる。

後半、山口は徹底した守備固めで勝ち点1狙いの方針を鮮明に打ち出す。山口がスペースを消してきたことで、岐阜のテンポも前半と比べて落ちてくる。試合は0-0ながらも、これまで何度も見てきた「岐阜対策」をとられる中、得点の緒を必死に探す。後半開始から70分くらいまでは、ほぼ岐阜がボールを回すも得点が奪えない、フラストレーションが溜まる展開。

77分に田中パウロ淳一に代えて永島、87分には風間に代えて難波を投入。このまま試合が終わるかと思われた90分、遂に岐阜の攻撃が実を結ぶ。

左サイドの小野が中に放り込んだクロスは、代わったばかりの難波が難しい体勢ながら頭で合わせ、上手く逸したボールは、ここまで何度も岐阜のシュートを防いできた山口GK吉満の右手をかすめ、ゴールネットへ。岐阜が3戦連続の終盤の得点で遂に先制する。

粘り強く攻め続けた岐阜が苦しみながらも勝ち点3をゲット。今季初の4連勝を達成した。

福岡は上位にいますし、そういったチームに勝たないと一つでも上に行けないと思います。勝てるチャンスはたくさんあると思っています。勝てるように、頑張りたいと思います。(庄司悦大)

山口vs岐阜の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2017年9月16日):Jリーグ.jp

 

 

 

 

スポンサードリンク