spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

昇格狙う強豪福岡を最後まで苦しめるも及ばず 第34節福岡戦

f:id:rspk315:20170927063237j:plain

今季初の4連勝と、シーズン終盤に来てシーズンをかけて取り組んできた戦いが実を結びつつある岐阜。ホームに強豪の福岡を迎え入れる。福岡は自動昇格を狙う位置にいながら、ここ6試合勝ちがない。

スポンサードリンク 

スポンサードリンク

 

f:id:rspk315:20170927063255j:plain

岐阜のスタメンは前節と変わらず。大本はこの日が誕生日。サブには難波が控える。

 

f:id:rspk315:20170927063350j:plain

福岡はウェリントンが不在。横浜Fマリノスから期限付き移籍の仲川が前線に入る。

 

立ち上がりから積極的なプレスをかける福岡に対して岐阜は6分、大本がファーストシュートを放ち、ここ数試合で岐阜がみせるゴールへの積極性を示す。

22分、福岡は右サイドのジウシーニョからパスを受けた仲川がスペースが空いたところをPAに侵入し、グラウンダーのシュートを放つが、僅かに左に外れる。しかし26分、福岡は駒野の右CKを岩下が頭で決めて先制する。

1点を追う岐阜は左CKの流れから小野のクロスに阿部が頭で合わせてネットを揺らすがオフサイド。更に42分にもシュートのこぼれ球を古橋が押し込むが、ここもオフサイドの判定が下される。

前半は徐々にゴールに近づいた岐阜。後半は59分に田中パウロ淳一に代えて永島を投入。しかし70分に福岡は坂田に代えて松田力を投入すると、直後の73分に、最終ラインからのクリアボールを前線で受けた松田が岐阜DFをかわして放ったシュートが決まり、リードを2点に広げる。

風間に代え難波を投入し反撃を試みる岐阜は、小野がアンカーの位置に入り、庄司が高い位置でプレーすると、86分、田森が放り込んだボールをPA内で受けたシシーニョがクロスを上げると、庄司が押し込み1点差に迫る。

しかし岐阜の反撃も1点にとどまり、福岡が2-1で勝利。岐阜の連勝は4で止まったが、最後までJ1昇格を狙う相手を苦しめた。次節は注目の名岐ダービだ。

--次節の“名岐ダービー”に向けて。
特に岐阜県在住の皆さんは注目されている一戦になると思います。勝つことが一番だと思いますので、勝利するために頑張りたいと思います。(庄司悦大)

出典:岐阜vs福岡の監督コメント(明治安田生命J2リーグ:2017年9月24日):Jリーグ.jp

 

 

スポンサードリンク