spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

一瞬の隙を突かれた岐阜は5戦勝利なし このまま17シーズンを終えるのか 第38節東京V戦

f:id:rspk315:20171025062102j:plain

今年の岐阜は勝てない時はとことん勝てない時期が続く。

第33節までに4連勝を達成したかと思えば、ここ4試合勝ちがない。福岡、名古屋、大分、徳島と、格上との対戦だったとは言え、上位から勝ち星を得ない限り順位の上昇はない。この日もPO戦線で戦う東京Vとの対戦となった。

 

 

f:id:rspk315:20171025062155j:plain

岐阜のスタメン。田森は累積警告で出場停止。その穴を青木が埋める。

 

f:id:rspk315:20171025062223j:plain

東京VはFWのアラン・ピニェイロが出場停止。ドウグラスヴィエイラ、カルロス・マルティネス両外国籍選手には要注意。

 

7分、東京Vはカルロス・マルティネスが中央をドリブルで突破しシュートを放つ。

ボールを奪うとじっくりとパスを繋いで突破口を探す岐阜のスタイルに対して、東京Vはすぐに縦パスを繋いでゴールに迫るプレーを徹底する。守備をするとき、攻めるときの切り替えををハッキリさせ、先制を狙う。

26分、東京Vの田村が胸を抑え苦しい表情でピッチに倒れ込むと、林が交代で入る。

44分、岐阜は左サイドの福村のクロスに古橋が頭で合わせるがゴールならず。0-0のまま、試合は折り返しを迎える。

53分、東京Vは右サイドでボールをキープすると、エリア内にボールを繋ぎ、安西幸輝がシュートを放つ。このこぼれ球をドウグラスヴィエラが押し込み東京Vが先制する。

しかし直後の56分。岐阜はエリア手前の風間が東京VのDFの裏にパスを出すと、上手く抜け出した古橋が相手GKを上手くかわすシュートで流し込み、すぐさま同点に追いつく。

68分、岐阜は田中パウロ淳一に代えて難波を投入。

80分、東京Vは中央で畠中がパスカットすると、前線に綺麗なスルーパスを通し、ボールを受けたドウグラスヴィエラが岐阜DFを振り払ってシュート。ボールはネットを揺らし、東京Vが終盤で勝ち越しに成功する。

岐阜は磐瀬、クリスチャンを投入するも、試合はそのまま終了。またしても格上から勝ち点を得ることが出来ず、これで5試合勝利なしという結果になった。東京Vは4連勝。昇格PO出場に向け、格下から確実に勝ち点3を得た。

プレーオフや残留争いはないけれど、“岐阜は変わった”というのを見せる5試合にしようと選手や監督たちみんなで話して挑んだ試合だったので。そういう意味では、残念だったと思う。(高木義成

岐阜vs東京Vの試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2017年10月21日):Jリーグ.jp

 

FC岐阜の今シーズン残り試合 

日時 対戦相手 順位(第37節終了時点)
39節 10/29(日) 松本(A) 7位
40節 11/5(日) 金沢(A) 18位
41節 11/11(土) 湘南(H) 1位
42節 11/19(日) 山形(A) 13位

 

 

 

スポンサードリンク