spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

下位金沢との対戦はドローに終わる。これで7試合勝利なし 第40節金沢戦

f:id:rspk315:20171116205413j:plain

シーズン終盤、格上との戦いが続き、勝ち点3から遠ざかっている岐阜は、久しぶりに順位では下位の相手となる金沢と対戦。金沢は前節で今シーズンのJ2残留を確定させている。今シーズン最後の下位相手の試合で7試合ぶりの勝利を掴みたい。なお、金沢の柳下監督と大木さんは、東農大の先輩後輩関係に当たる。

 

 

f:id:rspk315:20171116205438j:plain

金沢2トップの一角には佐藤洸一。今季これまで14ゴールと、岐阜時代に記録したキャリア・ハイの16ゴールまであと2に迫っている。

f:id:rspk315:20171116205455j:plain

岐阜の左サイドバックには、今シーズンの岐阜の攻撃のキーマンになっている福村が復帰した。

 

試合開始から金沢はDFラインを高く保ち、コンパクトなサッカーで岐阜のパスサッカーに対応してくる。中盤のスペースを上手く消すことに成功、ボールにも人にもしっかりついていくいい守備をみせる。

15分、左サイドから風間がエリアに侵入しクロス。前線に顔を出していた福村が左足で狙うがうまくミートできず。すると19分、金沢は右サイドから石田がクロスを上げると、中で合わせたのは佐藤洸一。良質なクロスを頭で合わせた佐藤のヘッドがネットを揺らし、金沢が先制する。

中盤のスペースが消された岐阜は、この日は低い位置からのロングボールを多用し、金沢のDFラインを下げさせようと試みる。

32分、小野からパスを受けた右サイドの大本のクロスに風間が中で合わせて1-1の同点に。試合が動き出す。

この日、シシーニョが不在の岐阜は、なかなか高い位置でボールを奪取できていない印象。

後半頭から金沢は杉浦に代えてベテランの山﨑を投入。岐阜は58分に田中パウロ淳一に代えて薮内をピッチへ。そろそろ結果が欲しい薮内。阿部が累積4枚目のイエローをもらい、2試合出場停止に。これで今季の阿部はこの試合が最後の試合となる。

前半から激しく戦った両チーム。65分くらいからはオープンな展開になってくる。ロングボールを多用して戦うこれまでにはなかった攻撃で勝ち越しを狙う岐阜。75分には難波を投入するが、トップ2枚を残してしっかりブロックを敷く金沢の守備をこじ開けることができないままフルタイム。岐阜は劣勢から追いつくも、下位の金沢からも勝ち点3を得ることが出来ず。これで7試合勝利なし。本当にこのまま勝利がないまま今シーズンが終わってしまいそうだ。

なかなか選手が生き生きしてプレーしていない。そんな印象のゲームでしたね。しかし、あと2試合ありますから。しっかりとやっていきたいと思います。

金沢vs岐阜の選手コメント(明治安田生命J2リーグ:2017年11月5日):Jリーグ.jp

 

FC岐阜の今シーズン残り試合 

日時 対戦相手 順位(第37節終了時点)
41節 11/11(土) 湘南(H) 1位
42節 11/19(日) 山形(A) 13位

 

 

 

スポンサードリンク