spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

白銀の天童で山形に完敗 FC岐阜2017シーズンの終了 第42節山形戦

f:id:rspk315:20171126101021j:plain

J2残留は決めているものの、8試合勝利がないまま最終節を迎えた岐阜。前節のホーム最終戦では優勝を決めている首位湘南からリードを守りきれずにドロー。第33節山口戦以降勝利はない。最終戦を勝利で締めくくることができるか。

 

 

f:id:rspk315:20171126101037j:plain

山形のスタメンは前節と変わらず。4-2-3-1の布陣を予想。

 

f:id:rspk315:20171126101058j:plain

岐阜のCBには野澤と青木が入る。

 

両チームとも昇格・降格はない。また山形木山監督、岐阜大木監督ともに来シーズンの続投が決まっている。月並みな表現だが、来季に繋がる試合を目指したい。

1分、岐阜は幸先よく先制する。中盤で永島がボールを運ぶと、風間、そして右サイドを駆け上がった田中パウロ淳一にパスが繋がり、思い切って振り抜いた左足は、山形GK児玉の手をかすめてゴールイン。田中パウロ淳一は今季5ゴール目。

試合前から降り注いたみぞれは、前半の途中で雪へと変わり、芝の上にも降雪が目立ち始める。

先制後の岐阜は福村に代わって左SBに入った磐瀬の積極的な攻撃参加などで追加点を狙う。しかし16分、山形は左からのクロスが右に流れると、佐藤優がボールを拾い再び中へ。栗山のシュートが岐阜ゴールネットに突き刺さり同点に追いつく。

25分、ピッチとボールの識別が困難になり、カラーボールに変更される。36分、山形は左タッチラインをギリギリ汰木がドリブルで突破し切り込むと、マイナスのクロスを茂木が合わせてゴールイン。茂木の今季初ゴールで山形が前半の内に逆転する。

岐阜は42分、ゴール前でボールを受けた永島が左足でシュートを放つが、GK児玉が防いで前半は終了。

岐阜は後半頭から難波を投入。積雪でボールを繋げない岐阜は、前線への長いボールに勝機を見出そうとする。しかし山形は55分、岐阜コーナーキックのカウンターから4人の選手が一気にゴール前に駆け上がると、最後は右でフリーになった鈴木雄がシュートを決め、3-1とリードを広げる。

岐阜は57分にシシーニョ、薮内を投入、早くも3枚のカードを使い切り勝負に出るが、60分に山形の鈴木雄がこの日2点目のゴールを決めて4-1に。

ロングボール中心の戦い方ではフィジカルで劣る岐阜に勝機は見出せない。その後大きなチャンスもないまま、試合終了。

岐阜は今季最終戦を勝利で飾ることができず、9戦勝利無しで2017シーズンは幕を下ろした。

 

自分たちの力がよく分かったゲームでした。

山形vs岐阜の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2017年11月19日):Jリーグ.jp

 

【2017明治安田生命J2リーグ終結果】

42試合11勝13分18敗 勝ち点46 56得点 68失点

 

 

スポンサードリンク