spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

8ヶ月ぶりの長良川の歓喜 岐阜、松本を降し今季初の連勝 第13節松本戦

 

 

 

前節、アウェイ熊本で6試合ぶりの勝利を手にした岐阜は、GW連戦の最後をホームで松本山雅と対戦。

中2日と厳しいコンディション。前節との交代は永島の位置に風間が入り、ライアン・デ・フリースがCFの位置に入る。

松本山雅の前線は前田大然、セルジーニョ、中美。

 

 

 

立ち上がりから松本の前線が激しくプレッシャーをかけ、岐阜にボールを繋がせない。11分、セルジーニョが右からクロスを上げ、前田が合わせたがクロスバーに弾かれる。

17分、岐阜は小野がFKでエリア内DFの前に短めのクロスを上げると、古橋がヘッドで繋ぎ、最後に阿部も頭でゴールを狙うがGKの正面。29分にも右CKからフリーになった阿部がヘッドでゴールを狙うが枠を外す。

34分から松本が立て続けにCKで岐阜ゴールを脅かすがここは岐阜が凌ぐ。42分、左で細かく繋ぎ、クロスからファーサイドの阿部がまたも頭で合わせるが枠には飛ばず、前半は0-0で終了。

59分、岐阜はランアン・デ・フリースに代えて難波を投入。63分には三島が投入されると65分、ゴール前での松本の不用意なパスをかっさらった古橋が落ち着いて決めて岐阜が先制に成功。失点した松本は71分に高崎、80分に永井を投入。

この日の古橋は神がかっていた。先制ゴールを上げた後も、献身的な守備は終盤まで衰えることなく。1-1のまま後半ATに入り、前がかりになって同点を狙う松本のボールを奪うと、一気にカウンターを仕掛ける。古橋がゴール前まで運び、逆サイドでフリーで走り込んだ難波へラストパス。これを落ち着いて決めて勝負あり。難波はこれが今季初ゴール。岐阜が松本に2-0の完勝でGW連戦最後の試合、ホームでは実に9ヶ月ぶりの勝利を飾った。

 

チームの全員が守備面では頑張ってくれています。数試合の間は(失点)ゼロで抑えてくれていた試合もあった。前線の選手としては、得点できない試合もあったし、そのときは申し訳ない気持ちでいっぱいだった。今日の試合は2-0で勝てましたし、良かったと思います。 (古橋享梧)

引用:岐阜vs松本の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2018年5月6日):Jリーグ.jp

 

スポンサードリンク
   

spknote.hatenadiary.jp

spknote.hatenadiary.jp

spknote.hatenadiary.jp

spknote.hatenadiary.jp

spknote.hatenadiary.jp