spkNote

football,running,kyoto

プリントソウルは生き続ける

SP京都FCが運営を行う佐川印刷株式会社の社内構造の見直しにより、JFLを退会した2015シーズン末。

【JFLオフィシャルサイト】SP京都フットボールクラブ(SP京都FC)、JFLからの退会について 

長年にわたりJFLの角番として、名勝負を繰り広げ、多くの選手を送り出してきた名門のJFL退会を、やり切れない思いで見守ったファンも多いのではないでしょうか。かくいう自分は、2014、2015シーズンの2年間だけでしたが、西京極で行われるホームゲームはほぼ毎試合観戦し、週末の楽しみとなっていました。

2015シーズンオフ、所属選手の内、現役続行を希望した選手は、全国の新天地へ移籍しました。J2から地域リーグまで、各選手が移籍した先はばらばらです。

しかし、社業とサッカーで磨かれたプリントソウルがそれぞれの場所で生き続けていると思うと、寂しさも少し和らぐような気もします。それと同時に、昨年まで西京極で観ていたサッカーはとてもハイレベルなものだったんだな、ということに気付きました。失って初めて分かる、とはこういうことなのかもしれません。

image

佐藤和馬選手 2016シーズンより奈良クラブ(JFL)へ移籍

image

藤本憲明選手 2016シーズンより鹿児島ユナイテッドFC(J3)へ移籍

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする