読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spkNote

football,running,kyoto

三条川端 篠田屋で皿盛を食べてきた

food kyoto

京都に来た頃から、「安くて旨い」ということでいつかは行きたいと思っていた篠田屋さんへ初めて行くことができました。

 

image

京阪三条駅からすぐ。13:30過ぎの訪問でしたが、4人ほど並んでいました。5分ほどで店内へ。

image

店内はテーブル席と小上がり。すべて埋まれば20人以上が入れる広さですが、女性の方がお一人で回していました。席はすべて埋まっていましたが、オーダーを通してから食事が出てくるまでが驚くほど早かったです。10分もかからなかった。

image

オーダーしたのは篠田屋名物の皿盛 ¥650。ライスの上にカツ、カレー味のあんかけがかけられている、今まで食べたことのないジャンルの食べ物でした。

由緒ある篠田屋さんにおいて、この商品の誕生秘話を調べれば、いくらでもでてきそうですが、敢えて(面倒なので)ここは調べません。「カレー味のあんかけなら、最初からカレーにすればええやん」と思われるかもしれませんが、カレーライスとはまったく別の食べ物なので、カレーと同じ土俵で語ることはできません。カツははっきりいってペラペラですが、この値段にこだわりをもってやっている、という決意のようなものを感じさせます。

ドラマ天皇の料理番のバンザイ軒で出てきそうな料理です。その素朴がクセになった多くのファンがこのお店を支えているのかもしれません。

image

メニューは中華そば ¥500 やにしんそば ¥600 などどれもリーズナブル。今度は別のメニューを試してみたいと思います。

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする