spkNote

football,running,kyoto

東京-宗谷岬縦断 総括というほどでもないまとめ

乗り継ぎを含め、一日かけて大阪へ帰ってきた。天下茶屋駅の雑踏を見た瞬間、一気に大阪に帰ってきたことを実感した。

IMG_1496


チャリ旅が終わって一週間がたった。何事もなかったかのような日常が再開している。


今、振り返るこの旅。

僕は本当に贅沢な時間の中を生きていたという事。

大きな目標の下、自分の好きな時間に起き、好きなだけ走り、しんどいと思ったら好きな時に休憩し、今日はここまでかなと思ったら、寝床を探して寝る。

多くの旅人と出会い、旅に対する十人十色の価値観に触れる。

現地の方々の、人間の本当の優しさに触れる。

紛れもなく、プライスレスな贅沢をさせてもらった。



僕が日本縦断をしようと決心したのに理由は2つ。

目標が分かり易かった。

生きていることを実感したかった。


日常生活で、常に高い志を持って生活し続けることは非常に困難だし、それを体現している方はほんますばらしいと思う。自分は残念ながら、そんなに強い人間ではないから、そんなカッコいい生き方は出来ない。

せめて、非日常の中で短い時間の中ででもそういった生き方をしたい、そういう思いで旅をしている、だからこれをいかに日常に近づけられるかが今後も試行錯誤していく所だと思う。今の気持ちを忘れない為にもこうして記録を残しているわけだし。


人生は旅、という言葉の意味が少しずつ分かってきたような気がする。

日本縦断が終わっても、人生は終わらない、旅はこれからも続くし、僕は続ける。


日本縦断、これをもって完了です、ありがとうございました。


今後もチャリロングライド記を始め、これからロングライドをしよう、という方々に少しでも参考になるような記事を書いていけたらと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする