spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

【読書メモ】没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術

f:id:rspk315:20180930071635j:plain

 

 

 

人間が幸福を感じるための要素の中に「没頭」があり、没頭することによって上機嫌で居続けることができる。「没頭する」という意味や具体的な方法などが1冊にまとまっている。言語化することが難しい微妙なニュアンスが言葉にまとめられていて共感するところが多々あった。


ワクワクして目が覚めて、夜満ち足りて寝る

予防医学という学問は多くの人が幸せになるための学問で、そこで定義される幸せとは「ワクワクして目が覚めて、夜満ち足りて寝る」というもの。なんという希望に溢れた言葉。しかし人間は年齢を重ねて経験を積むことでワクワクすることが難しくなっていく。本当にそうなのか。例えば料理はやればやるだけうまくなるから50年後は絶対に今よりうまくなっている。とても単純な話で楽しんで生きるということについても20歳のときよりも40歳になったときの方が絶対にうまくなるはず。

没頭=フロー

没頭を別の言葉で言い換えるとフローという言葉でも表現できる。
・目標が明確
・迅速なフィードバックがある
・スキルとチャレンジのバランスがとれたギリギリのところで活動している

以上とき、人間はフロー状態に入りやすくなる。

物事を始めるときは多くの「別の方法」を用意しておくといい

 例えばランニング。続けようとしても一つの方法だとすぐに飽きてしまったり三日坊主で終わってしまう。だからいくつか方法を用意しておくことで、この方法が駄目なら次はこの方法を試してみよう、と試すことができる。ランニングシューズを買ってみる、夜・朝に走ってみる、スマホアプリでランニングを記録してみる、帰りにあの店でパンを買おう、とか何でもいい。これがだめなら次はあの方法、と思えることでリラックスできるし、自分で自分を追い込むこともなくなる。

没頭するための条件

フロー状態の要件とは(項目だけ)、

①ゴールが明確で、進捗が即座にわかる

②専念と集中、注意力の限定された分野への高度な集中(眼の前のことに100%集中できていること)

③活動と意義の融合が起こる(無意識にからだをうごかしていること)

④自己の認識や自意識の喪失(自分というものをなくしていること)

⑤時間間隔の歪み(時間の感覚がなくなっていること)

⑥状況や活動を自分でコントロールしている感覚(その場の状況をじぶんでコントロールできていること)

⑦行動そのものに本質的な勝ちを見出している

⑧能力の水準と課題の難易度とのバランスがいい

その場の状況を自分でコントロールできていること

受け身の行動はフロー体験を導かない。どんな行動も自分でその状況をコントロールできていることが没頭するためにはとても大切なこと。その行動を支配するというのか。例えばラーメン屋に並ぶ行列はその状況をコントロールできないから並ぶという行為自体には没頭することができない(並んでいるときのワクワクとかはまた別の話)。ジェットコースターとレーシングカートの差と表現されているがまさしくそうで、自分で主体性を持ってそのものごとに取り組めるかどうかが重要。「責任を持つと人生が楽しくなる」理由がそこにある。責任ある立場って辛いだけだと思っていたけど、没頭に近づいていると思うことでとてもポジティブになれる。この発想は新鮮だった。

 

 

 

フローに入らないと死ぬという極限の状況

エクストリームスポーツというものがある。ものすごい切り立った雪山でスノボをしたり、6階建てのビルの高さくらいの波でサーフィンをしたりする競技で、それらの選手たちはミスをすると生命に直結するため、無事に帰ってくるためにはゾーンに入るしかない。凡人の生活でそこまで極限の状況に追い込まれることは滅多にないけれど、例えば究極の人見知りの僕が新卒時代に営業の仕事で一般宅のインターフォンをガツガツと押せていたのは、間違いなくやらないと生きていけないから、という理由があったから、ただその行為に没頭できていたのだと思う(成果は聞かないでくれます)。

希望は絶望のあとにしか現れない

今が辛くても止まない雨はないから頑張ろう、っていういい言葉を言いたいわけではなくて、これも没頭と深く関わっている。没頭する具体的な方法は以下のとおり。

①まずはストレスをかける(交感神経)

②次に一気にリラックス(副交感神経)

③目の前のやるべきことに集中する

このフローを言い換えると①不安→②開き直り→③没頭。

だから、今不安でいるということは没頭の入り口だと分かるととても気持ちが楽になる。そもそも不安とは自分にとって価値のあることにしか生まれない感情。そしてそれに立ち向かわないと没頭は訪れない。仕事の多くはそう。こんな企画通るだろうか、またダメ出しを食らうんじゃないかと不安になる。刻々と近づくタイムリミット。そして開き直ってえいやっで進めると、案外うまく進んでいったりする。その後はただひたすら目の前の仕事、すべき仕事に注力する。ひとつのプロジェクトが終わりあとで振り返ったとき、「あのときは没頭していたな」と思えることがある。それはすごく幸せなことだ。

モチベーショナルインタビュー

ニコ生の「プラスの感情にだけプラスのフィードバックがあって、マイナスの感情にはスルーされる」という作法に近いものとして「動機づけ面接(モチベーショナルインタビュー)」というものがる。人間はやれと言われたらやらない動物である、という大前提で、やるなと言われたらやるわけでもない。だから説得は無意味。どうするかというと相手に喋らせて、プラスの言葉が出てきたらうなずき、マイナスの言葉はスルーするという反応は繰り返す。そうすると、次第に眠っているプラスのモチベーションの言葉が出てくる。その断片を拾い上げ、プラスの部分を強化していくの手法がモチベーショナルインタビュー。悩んでいることを自覚せさせ、でも自分の中にプラスの動機が眠っていることをうまく引き出す。

結局、不安から没頭に移るには行動しかない

不安から没頭に移る過程で通過する「開き直り」とは決断である。決断するということは行動に移すということで、行動こそが不安から没頭に移る唯一の方法と言ってよい。だから決断できるようになるための自分ルールがあると不安から没頭に移ることが今よりも容易になる。自分ルール、考えてみた。僕の場合「これまでの自分になかった要素が少しでもあり、それがある未来が思い描けたら、行動すれば良い。今よりも悪くなることはない」という思考だろうか。もちろんそこには金銭、体力、実力など様々な要素を検討しなければいけないけど、そもそも不安という土俵には、選択肢として決断できるものしか上がってこないと思う。だから、できるだけ決断のハードルは下げる自分ルールをつくることができたら、不安から没頭に移りやすくなると思う。この自分ルール=開き直る方法はこれからも考えていきたい。

 

 

 

没頭していない人を見るのは辛い

人間は人が反応させているものと同じニューロンが反応するようになっている。例えばスポーツ観戦に熱くなれるのは本気で勝ちたいという選手の没頭を私達が感じられるから。だから無気力試合に対してもちろん観る方も熱くなれない。没頭していない人を見ているのは辛い。ダルそうに仕事をこなしている人、義務的にタスクを消化している人を見ているよりも、没頭している人を応援したくなる。没頭ってしようと思ってできるものでもないが、集団生活の中で自分を見ている人に辛い思いはさせたくないと思っている。

今、この瞬間をモニターする

最近同じような話を聞く機会があった。スポーツでパフォーマンスを発揮するための考え方。それは目の前のやるべきことに注力すること。ホームランという結果は結果で、100%コントロールできるものではない。ビギナーズラックというものがあるが、それは目の前の行為自体を全力で正しくやろうと(そのときは意識はしていないけど、とにかく夢中で)したとき、結果として与えられるもの。没頭するときもこの瞬間について考えることが大切。今、自分がこの本から学んだことをまとめているこの行為に集中する。今、かなり筆が進んでいる。あとから振り返ってもかなり没頭していたと言えると思う。まとめるということ、自分の言葉で表現することに注力している。この「今すべきこと、この瞬間をモニターする」状態がとても大切なことなんだ。

 

 

スポンサードリンク