読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spkNote

football,running,kyoto

docomoユーザーは980円でDAZNを楽しめるので本気でMNP転入を考えている

f:id:rspk315:20170209205645p:plain

docomoユーザー歓喜

 

スポンサードリンク 

スポンサードリンク

docomoユーザーは月額980円でJが見られる!!なんて時代だこりゃ

NTTdocomoは2月8日、2017シーズンからJリーグの中継を行う「DAZN」を提供するPerform Groupの協力の下、docomoユーザーが割安にコンテンツを視聴することができる「DAZN for docomoを提供すると発表しました。

www.nttdocomo.co.jp

視聴できるコンテンツは「DAZN」と変わらず、980円(以下税別、DAZNは1,750円)でサービスを提供します。なお、docomoが提供する定額動画配信サービス「dTV」とセットの場合は1,280円でサービスを利用できます。

SoftBankが提供するスポナビライブとの比較

スポナビライブを提供するSoftBankは同日、サービスの料金改定を発表しました。

www.softbank.jp

スポナビライブはフルHDに対応するとともに、通常料金は3,000円から1,480円に大幅な値下げSoftBankやYmobile、Yahoo!プレミアの加入者は980円で利用できるとのことです。

DAZN for docomoスポナビライブの簡単な比較

 docomoSoftBank
サービス DAZN for docomo スポナビライブ

月額

(対象ユーザー)

980円 980円
月額(一般) 1,750円 1,480円
その他割引 dTVとのセットは1,280円

現行のSoftBankスポナビライブ契約者は500円でHD対応サービスの継続可

コンテンツ例

[サッカー]

JリーグブンデスリーガセリエAなど

[野球]

広島東洋カープ、横浜DeNAMLBなど

[その他]

バレーボールVリーグモータースポーツなど

国内外130以上、年間6,000試合以上

[サッカー]

プレミアリーグリーガ・エスパニョーラ

[野球]

国内プロ野球(巨人、広島の主催試合を除く)、MLBなど

[バスケット]

B1、B2リーグ全試合

[その他]

テニス(ATPワールドツアー主要カテゴリ)、大相撲など

対応デバイ

スマホタブレット(アプリ)、パソコン、スマートテレビAmazon Fire TV、Xbox Oneなどのゲーム機

スマホタブレット(アプリ)、パソコン、Chromecast、AppleTV

※3月16日以降にAmazon Fire TVやAndroid TVに対応していく予定

同時視聴

2台まで

4台まで

 

視聴できるスポーツの種類は圧倒的にDAZNに軍配が上がりそう。しかし、こうして比較してみると、しっかりと提供サービスの棲み分けがなされていますね。

通話simでも「ユーザー価格」適用なのか

ひとつ気になるのは「通話sim」契約でもサービスの適用が受けられるのか、ということ。自分は現在、SoftBankの音声通話simを使用していますが、これらのsimでもサービスの恩恵を受けられるかが気になるところです。

上記SoftBankのページには

※1 “ワイモバイル”は、「スマホプラン」「データプラン」「Enjoyパック」をご利用のお客さまが対象です。

という案内があるのですが、果たしてSoftBankは。

(2017/02/12追記)

SoftBankで4Gケータイ契約を行っている自分は従前の500円の適用はされませんでした。2017/02/16の価格変更以降、確認してみます。

f:id:rspk315:20170212090602p:plain

 

対してdocomoのページには、

FOMA」もしくは「Xi」の契約と「dアカウント」が必要です。

とあるので、音声simでの契約でもサービスを受けられそう!(要確認)

自分は音声simをdocomoMNPして、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)端末で格安通信simと共に運用しようかと真剣に考えています。

DSDS端末は以下がおすすめ。

 

スポーツ観戦は本格的に通信視聴の時代へ

しかしよく考えると、この両サービスを定価で契約したとしても3,500円以内に収まってしまいます。これは正に放送が通信に移行することでスポーツファンにもたらされた恩恵でしょう。これまででは考えられなかったコストで世界中のスポーツが観られるようになります。本当にスポーツ観戦スタイルの転換点に立っている思いです。

時間がいくらあっても足りませんね。

 

DAZNの記事を書いています 

spknote.hatenadiary.jp

 

スポンサードリンク

   
広告を非表示にする