spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

FLEXISPOTの電動昇降デスクにニトリの天板を合わせたら、予想以上に快適で嬉しかった

f:id:rspk315:20190403065712j:plain

ずっと買いたいと思っていたデスクを買った。


 

 

 

2018年12月に引っ越しをしてからというもの、自部屋に作業机がなかった。ミニマリストの間でよく採用されている「押入れデスク」を使っていたのだが、高さが合わなかったのと、押し入れにものを入れた状態で使っていたものだから、前方の圧迫感とで、デスク前に座る回数は激減していた。暖かくなってきたし、そろそろちゃんとした環境を整えようと、FLEXISPOTの電動昇降デスクの脚「E1EB」と、ニトリの組み合わせテープル「プレフェ」の天板を購入した。

購入

実はプレフェの天板を先に購入していて、脚は自宅に残置されていたフレームを使おうとしていた。よくある以下のようなやつ。


でも、AmazonでFLEXISPOTを検索したところ、脚だけ(E1EB)で購入すれば、送料を入れても、天板と合わせて30,000円そこそこで電動昇降デスクという環境がつくれることに気づいた。それからは決断するのは早かった。3月の年度末にもかかわらず、注文から3日後くらいに届いた。

組立

FLEXISPOTの組立はそこまで難しい作業ではないが、とにかくパーツが重い(しっかりしている)ので、時間をかけて慎重に行った行った結果、2時間くらいかかった。

FLEXISPOTのE1EB(脚)と、社外製のニトリの天板が合うかどうかは謂わば懸けだったが、その心配も杞憂だった。

どーん。

f:id:rspk315:20190405195903j:plain

f:id:rspk315:20190405201358j:plain

ここまでしっくりとくるとは思っていなかった。明るめの天板と黒の脚という王道スタイル。期待値を超えた。ガタツキもなく、まるで純正品の天板と組み合わせたかのような安定感だ。

ニトリの天板の安っぽさが逆にいい

ニトリの天板は前もって店舗で見て、ネットストアで購入したから、安っぽくて想像と違った、なんてこともなかった。

f:id:rspk315:20190405200401j:plain

140cmという広めの長さでなんと4,000円弱。

 

ここまで安いと、躊躇なく天板の裏から穴を開けることもできた。

f:id:rspk315:20190405201318j:plain

 

デスク下のコード問題は多くの人の悩みだと思うが、自分の場合は何の変哲もない、普通の結束バンドでまとめ上げた。ここで注意したいのが、デスクを伸長させたときのことも考慮してケーブル類をまとめること。

 

f:id:rspk315:20190405201829j:plain

 

 

f:id:rspk315:20190405202012j:plain

 

また、今の時代なくてはならないUSB給電アダプタは天板の裏に両面ファスナー(マジックテープ)を貼って取り付けた。せっかく広いデスクを購入しても、多くのものを置いてしまったらもったいない。こうすれば旅行のときなどにも気軽に剥がして持ち出すことができる。両面ファスナーは100均一の手芸コーナーで買うことができる。

購入から1週間、うれしくって、デスクの前に座る時間が圧倒的に増えた

満足度が高い買い物とはこういうことを言うのだ。なんだかとてもうれしくて、デスクの前に座る時間が圧倒的に増えた。

実際に立って作業をする時間は、座って作業をする時間と比較したら圧倒的に少ないかもしれないけれど、その選択肢を得ることができたことに、投資の意味がると考える。ついつい作業に熱中してしまうと、何時間も座りがちになることが多い。そんなときに、その没頭を維持したまま、健康的に作業を続けられるのは大きなメリットだ。

あと、これは昇降デスクだからという話ではないが、140cmの天板の長さは正義である。よく天板の広さはPCのメモリの大きさで表現される。このスペースを無駄にしないように、毎日数秒でもいいから片付ける習慣を作ろうと思う。

f:id:rspk315:20190405203616j:plain

欠点は重いこと

公式だと19.3kg。我が家では家庭内引っ越し制度を導入していて、4ヶ月に1度、同居人とそれぞれの自部屋の交換をすることが決まりになっている。年に3回、この重いデスクを運ぶとなるのは結構たいへんな作業。でも、大半の人は、デスクなど、一度設置してしまえばそうそうに動かすことなどないだろうから、特に大きな問題ではない。

 

今後、どれだけ昇降機能を使うかは今のところ、まだわからない。冬は寒いからほとんど座ったままになりそうだし、逆に夏は暑いから立って作業をすることが増えるかもしれない。

2019年は昨年、圧倒的に減ってしまったインプットとアウトプットを増やすことが大きな目標なので、この環境をフルに活かしたい。

2019年、暫定ですが、これマジ(これ買ってマジでよかった)圧倒的1位です。

 

 

スポンサードリンク