spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

2018年1月の記録

2018年最初の1ヶ月が、瞬きをする間に過ぎ去ってしまった。今年は毎年1月に、早いときは前年の12月に立てている「目標」すら立てられていない。目の前のこなすべき作業に追われていることにかこつけて、明日でいいや、と言っていたら1ヶ月が過ぎ去ってしまった。こういうときは、とにかく手を付けることから始めるのがよい。始めたら案外すんなりと済ませることができることは多々ある。

 

 

 

正月を振り返る。1日は日の出前から鴨川をランニング、7時の開店と同時に近所のコメダ珈琲へ。一番乗りで福袋を購入。

【2018年版】コメダ珈琲福袋は安定感が◎ 東海圏出身の筆者がまじでオススメする(ネタバレあり) - spkNote

anone・広瀬すず対策で『ちはやふる上の句』を鑑賞。全員いい。1年の最初の日に、これで3年連続となる総社市へのふるさと納税を済ませる。

2日(火)はらじる★らじるで箱根中継を聞きながらランニング。今年の往路は毎年おなじみの金哲彦さんに加え、和田正人さんがゲスト解説。心地よいツートップ。走ることに意欲が沸かない時は、箱根中継の録音をiPhoneに入れておくと良いかもしれない。間違いなく走りたくなる。タリーズでドリップコーヒーがたくさん入った福袋を購入。

【2018年版】ドトールの純粋にコーヒーが楽しめるオトクな福袋が2年ぶりに復活 - spkNote

昨日に続き『ちはやふる下の句』を鑑賞。

3日(水)も箱根中継を聞いてランニング。これで年末年始にかけて1週間毎日10km出走を達成。非常に幸先の良いスタートであります。せっかくちはやふるを観たのだし、大津の近江神宮に初詣に参ろうかとも思ったが辞める。『ゴーン・ガール』を鑑賞して、年末年始休暇が終わった。よい年末年始休暇だったと思う。

5日(金)、ツキムラでセミオーダースーツを注文した。約1ヶ月で納品されるということで楽しみ。

6日(土)、庄司選手のベガルタ仙台移籍が発表された。J2にいるべき選手ではないということは承知だが、大木監督のもとでサッカーをすることを選んでくれるかな、という期待もあったが、本人は新天地でのプレーを選んだ。岐阜に来てくれてありがとう。

7日(日)、靴用のワックスを購入。

前から興味があった鏡面磨きの方法をYouTubeで検索しながら、見よう見まねで靴磨きに興じる。靴磨きの中毒性は危険だ。時間を決めてやらないと、いつまでも磨いてしまうので、気をつけないといけない。

8日(月)は成人の日の振替休日。年末年始休暇が明けてから、またすぐにやってくるこの3連休は、1年で1番歓迎されるべき3連休ではないかと思っている。年末年始で魂を抜かれてしまった人たちが、社会に復帰するための3日間。この連休は『ゆとりですがなにか』を鑑賞。

88世代が『ゆとりですがなにか』(2016)を観て思ったこと - spkNote

年始早々、今年視聴ドラマ作品1位にいきなりノミネートされた。安藤サクラがとにかく素晴らしい。ゆとり世代の自分に突き刺さった、とか、ゆとり世代でよかった、とかそんな感想はないけれど、でも、もう自分たちは「ゆとり」という言葉に甘えるのは良くないな、と思った次第。

10日(水)、いよいよ『anone』第1話が放送。視聴したのは13日の土曜。事前に伝わっていた情報から、Motherのようなテイストの重いトーンなのかな、と予想していたが、ドタバタ感ありのどちらかというと、昨年の『カルテット』の流れを汲んでいるのかな、という第一印象。とにかく掴み所が見つけられない。この週末も靴磨き熱が収まらず、多くの時間を費やしてしまった。

24日(水)の夜はとにかく冷えた。凍えながら10kmのワークアウトを終え、逃げるように布団に包まって一夜を凌ぐと、翌朝は京都市内でも積雪を観測。関東も大雪になったようで、交通機関麻痺していたようだ。

26日(金)、目ぼしい賃貸物件を見つけたので、思い切って不動産屋にアポを取って訪店してきた。満足度の高い引越しは、物件の条件と同じくらいに、いい仲介業者の担当を見つけることだ。そんなことを以下の記事から学んだ。

満足度の高い引越しのためにやったこと - valid,invalid

昨秋くらいからいくつかの仲介業者にあたり(すべてメールで)、信頼できそうな人を何人かリストアップしておいた。今回実際に会った担当者は、メールの文面から感じた通りの、誠実そうな人だった。レスポンスも早く、知りたいことをちょうどいい分量で教えてくれる。仕事柄、話したことがない人とメールでコミュニケーションをとることが多々あるが、メールの文面から推測する相手の人物像と、実際に会ったときの印象というのは、得てして大きく相違しない。メールだけで相手の全てを分かった気になることは危険だけれど、メールで相手のある程度の人物像は想像できてしまう。メールの印象もすごく大切。なんていい担当を見つけたことに満足していたら、目ぼしを付けていた物件に先約が入ってしまい、引っ越しは失敗に終わる。油断した。

27日(土)、気付けば今季2レース目のKIX泉州国際市民マラソンまであと3週間と迫っている。しかし今年に入ってまだ一度も30km走ができていなかったので、小雪がちらつく中、重い腰を上げて出走。しかし市内を北上するにつれて雪はますます激しくなり、左京区北部に到達した頃には、足首が完全に埋もれる程の積雪となっていた。

この積雪の中を、底やアッパーが薄いランニングシューズで突き進んでいくことを想像して欲しい。案の定、両足末端に霜焼けができてしまった。

1月に読んだ本、観た作品 

スポンサードリンク