spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

HANZO Tを買った。5,000円で買えるサブ3を狙えるコスパモンスター。HANZO Rと比較など


f:id:rspk315:20181007102542j:plain

 

 

かれこれラン歴も5年目の中堅ランナーになってきた。ランニングシューズおそらく5代目、new balanceのHANZO Tを買った。昨シーズンの主力は同じくnew balanceのHANZO R。より軽い順にS-R-T(最近Uという新たなラインナップも加わったが、どちらかというとこれまであった3種とは一線を画すビギナー向けの商品のようだ)。だから、RからTというのはいわばダウングレードなのだが、重量もそこまで差がなさそうだし、その違いを感じることができるか興味本位で選んでみた。新品がAmazonで5,000円弱という破格の値段で販売されていたのも購入を後押ししてくれた。

自分の場合、毎回かなりシューズを履きつぶした上での買い替えになるので、交換した当初のレビューとしてはどうしても「しっかりと地面を蹴れる」とか「弾む」という印象が強くなってしまうが、それを踏まえて感想を箇条書きにしてみようと思って書き出したら、やっぱりその手の感想に終止してしまった笑

f:id:rspk315:20181007102915j:plain

新しいシューズはいつでもいいものだ

f:id:rspk315:20181007104337j:plain

f:id:rspk315:20181007104343j:plain

f:id:rspk315:20181007104349j:plain

f:id:rspk315:20181007104353j:plain

つま先の反りがRよりも低い印象。しっかりと地面を面で蹴れる感じ

f:id:rspk315:20181007103037j:plain

HANZO T(左)とHANZO R(右)

これは新品同士を比較したわけではないからそんなに自信はないけど、Rよりもつま先の巻き上げが低い印象を受けた。HANZOシリーズは他のランニングシューズよりもこの巻き上げが大きいと言われていて、それが地面を蹴る推進力を生むと言われている。個人的な感覚では特にRよりも地面を蹴りにくいと感じることはなかった。しっかりと地面を面で蹴れる感触を得た。

ドロップとは

f:id:rspk315:20181007103653j:plain

他の方のレビューで「ドロップ」について言及されているものがあった。これまでシューズのドロップについて詳しく調べたことがなかったので少し勉強した。以下のページがわかりやすかった。

“ドロップ”の違いを見極めて、ランニングシューズを選ぼう!│ミズノ発見隊

ドロップとはかかととつま先の厚みの差のこと。ここで注意したいのがソールの厚さとドロップの高低は別の話なので、ソールが厚くてもドロップが低いものもあれば、その逆もあるということ。

HANZOの場合、このドロップ(高低差)が少ないと説明されている。一方で、つま先の巻き上げが強調されたシューズということになっている。

それでドロップの高低がランにどのような影響を与えるのか、ということも上記記事ではしっかりと説明されていて、

・ドロップが高いとスムーズな重心移動が可能となり、安定した走りを求める初心者向け

・ドロップが低いと接地ポイントが中足から前足部になることで重心が前方になり、身体全体を使ってスピードが出やすくなる

ということらしい。HANZOはドロップレス(低い)構造で、スピードを重視したモデルと言える。

新品だからか、しっかりと弾む

基本的にシューズは履き潰さないと次のシューズは買わないので、この弾む感覚は毎回楽しい。他の方のレビューを見ていても、やはり地面の反発は受けやすい(その分、脚力は必要)シューズだと言える。

 

 

 

 

アッパーがRと比較すると安っぽい

f:id:rspk315:20181007103904j:plain

縫製などやはりHANZO Rの方が丁寧に作り込まれていて、HANZO Tの方はつま先部分などは圧着。これはHANZO Rの前に履いていたMT1500でも同じような感じだった。

f:id:rspk315:20181007103950j:plain

MT1500(手前)

圧着だからってすぐに剥がれてしまうようなことはないので心配はしていない。このあたりでコストを削って差別化を図っているよう。ちなみにNマークも貼り付け。

 

縫製などの若干の安っぽさが気にならないのであれば、私のようなレベルのランナーではRとの違いは分からないくらい。むしろ耐久性を重視したいのならHANZO Tを選んでも全く問題ないのではないかと思う。色とかデザインの好みで選んでもいいのでは。事実HANZO Rの黄色に若干の飽きを感じていたから少しイメージを変えたかった。

今季初レースの11.25大阪まで2ヶ月を切っている。本格的に脚をつくっていくぞー。

 

こうして並べると見事に信号。わかりやすい性格だ。

f:id:rspk315:20181007104609j:plain

 

このレベルのシューズにしては圧倒的にコストパフォマンスが高く5,000円で買えてしまう。最近のnew balance箱根駅伝での台頭や、あの神野大地選手もスポンサードされているということもあり、おそらく今後はこの金額では買えなくなってくると思っている。