読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spkNote

football,running,kyoto

朗報 ChromebookでDAZNが観れた!今すぐ設定をイジってみよう

football gadget

f:id:rspk315:20170315162051p:plain

観れた!!

 

スポンサードリンク 

 スポンサードリンク

 

ChromebookDAZNが観られない問題

ChromebookDAZNを観るんだ!」。意気揚々と2017シーズンを迎えるも、以下の記事で伝えたように手持ちのChromebook CB3-111はDAZNに対応しておらず。

spknote.hatenadiary.jp

 

近所のカフェで美味しいコーヒーを飲みながらサッカー観戦という至福を我慢して、開幕から3節までは自宅のPCで視聴しました。

自宅視聴だとWiMAXではちとしんどい

自宅観戦なのでもちろん自宅のネット環境(GMOで契約したWiMAX)を使うのですが、3節までの観戦を通して、DAZNは結構な通信量を消費することがわかりました。

WiMAXは無制限を謳っていますが「3日で10GB」(これでもこの2月に大幅な緩和がなされたわけですが)というひとつの基準があり、この通信量を超えると、翌日の夜間混雑時間帯(18時頃〜翌2時頃)に通信速度1MBpsを目安に通信制限が発生します。

 

f:id:rspk315:20170315151022p:plain

この土日の通信量。3/11(土)が8.7GB、J2第3節が行われた3/12(日)は11.65GBを消費した。

 

体感ですが、スカパー!オンデマンド時代よりも通信量が増えているような気がします。DAZNさんには「いかに通信量を節約して快適に観戦できるか」というニーズもあるということを知っていただければと思います。

ChromebookDAZNを観るための設定

話は逸れましたが、とにかく出先でChromeboomを使用してなんとかDAZN観戦ができないかと試行錯誤をした結果、観られるようになりました。

しかし、ぶっちゃけますと、何が理由で観られるようになったのかわかりません

以下、自分が行った設定などを時系列に沿って羅列していきます。同じような悩みを持つ人の参考になれれば幸いですが、設定の変更などは自己責任でお願いします。

①User-Agent Switcher

これは「Chomebookのユーザーエージェントを偽装する」拡張機能のようです。

これを使用することでDAZNChromeではない別のブラウザでアクセスしているように見せかけることができるとのことです。

User-Agent Switcher for Google Chrome - Chrome Web Store

Android、Window、MacなどのOSと、様々なブラウザを組み合わせ設定が可能です。

しかし自分の場合はどの設定でも視聴することができませんでした。例えば「IE on Windows」などを選ぶと「Silverlightをインストールしてください」とアナウンスされるのですが、Chrome OSではSilverlightは動作しません。はい次。

②OSのチャンネルを変更する

DAZNにはAndroidアプリがあります。

そして昨年秋頃Chrome OSAndroidアプリにも対応していく」と発表されており、最新の機種については既にAndroidアプリを使用することができる(Google Playストアが使用できる)ものも発売されています。

Googleは今後順次、既に発売されているChomebookにもAndroidアプリの使用を対応させていくとしており、対応予定の端末は以下から確認することができます。

Chrome OS Systems Supporting Android Apps - The Chromium Projects

あまり期待していませんでしたが、自分のAcer CB3-111もいずれAndroidアプリが使用できるようになるとのこと!やった。

まだ正式なアナウンスはありませんが、もしかしたらと思って、Goole Playを使用するための設定を行いました。設定とはOSのチャンネルを変更すること。

Chrome OSには3つのチャンネルが存在します。

Stable チャンネル: Chrome OS チームによるすべてのテストが完了しているチャンネルです。クラッシュやその他の問題をできるだけ回避したい場合はこのチャンネルの使用をおすすめします。マイナー アップデートはおよそ 2~3 週間に 1 回行われ、メジャー アップデートは 6 週間に 1 回行われます。

Beta チャンネル: 実施予定の変更や改善を最小限のリスクで試したい場合は、Beta チャンネルをご利用ください。アップデートはほぼ毎週行われ、メジャー アップデートは 6 週間に 1 回行われます。Stable チャンネルより 1 か月以上早く、新しい機能を試すことができます。

Dev チャンネル: Chrome OS の最新機能を試したい場合は、Dev チャンネルをご利用ください。アップデートは週 1~2 回行われます。このチャンネルはテスト済みですが、新機能をいち早く公開することを優先しているので、不具合が発生することもあります。

引用元:Stable、Beta、Dev チャンネル - Chromebook ヘルプ

Google Playストアを使用するためにはDevチャンネルに変更する必要があるとのことなので、一応試してみます。

f:id:rspk315:20170318135302p:plain

設定上部のChrome OSについて」から進みチャンネルを変更します。

結果、自分の端末はやはり、まだGoogle Playは使用できませんでした。

③確認付きアクセスの設定を変更してみる

結論から言うと、自分はこの段階でDAZNを視聴することができるようになりました。

これは以前ツイートを引用させていただいたうぃずさんに直接お教えいただきました。

とりあえず自分は設定→詳細設定を表示→[プライバシー]の「確認済みアクセスを有効にする」にチェックを入れた上で、コンテンツの設定内容をいろいろと変更してみました。(変更によるトラブルに対して自分は一切責任を負えません。)

f:id:rspk315:20170318135703p:plain

ここでどこをどう変更したのかは直接明言することを避けます。

というか、覚えていません。笑

一つづつ設定を変更し、観れるようになるか確認していただくことをお勧めします。適当な情報をお伝えして混乱を招いてしまうのは本意ではありませんので。

いろいろと設定を触ってみた結果、ChromebookDAZNが再生ができるようになりました。その時は感動に似た何かがありました。 

f:id:rspk315:20170315162051p:plain

ChromebookでもDAZNが再生できた。菅和範(現栃木SCFC岐阜)も視聴できるようになったことを祝福してくれている。 

しかし「端末のスペック」という新たな問題

OS、ブラウザ的な問題はなんとか突破できたのですが、やはり2GBのメモリを搭載した自分のChromebookの力不足は否めません。出先でChromebookを使用して記事を書く機会も増えましたので、もう少し良い端末を購入しようか検討しています。

個人的にはタブレットを買うのなら、Chromeboomの購入を強くお勧めします!

今買うのなら、「メモリ4GB」と「Androidアプリ使用可」の端末を選びたいです。

 

DAZNを観よう

spknote.hatenadiary.jp

スポンサードリンク
   
広告を非表示にする