spkNote

[スピカ・ノート] football,running,kyoto

【読書メモ】投資家が「お金」よりも大切にしていること

「時間を買え」とかその類の自己啓発書だと想像していたが違った。

 

 

 

星海社新書は新卒の頃によく読んでいた。20代・30代、次世代のための教養、というのがこの新書のコンセプト。会社なんかでは学べるものなんて何もないと、今から思うと、まぁそういう時期も大切だよね、という苦しくて痛くて悶々とした日々を過ごしていた自分は、こういう自己啓発書が心の支えになっていた。今回、星海社新書を久しぶりに手にとって、やはり相変わらず読みやすい新書だと感じた。内容ははっきり言って他の新書よりも薄い感は否めないが、メッセージ性が強烈で、特に閉塞感を感じている若い世代には響いてしまう可能性が高い、良くも悪くも。いろいろな考え方に触れる、ということ自体は悪いことではない。

 

 

 

著者の藤野英人さん

ひふみ投信」で有名なレオス・キャピタルワークスの創業者。投資に値する会社かどうかを判断するために、23年間で約5,700人の社長を取材している。

真面目という言葉が真面目に使われていない。そしてお金について真面目に考えていない

日本人は真面目だというイメージが世界的にも浸透していて、自分たちでも自らそう思っているフシがあるが、その意味を履き違えている。真面目とは「本気である」ことであって、言われたことを言われたとおりにすることが真面目ということではない。

真面目という言葉が真面目に使われていない。真面目の語源は「柳は緑、花は紅、真面目(しんめんもく)」という中国宋代の詩人、蘇東坡の詩にいきつく。すなわちその意味は「柳には柳の色、花には花の色があり、それぞれがそれぞれの個性や役割を発揮している」という意味。真面目とはありのままでいること、本質的であるということを表している。真面目とは本気であり、真剣であり、誠実であるということ。「本質とはなにか」ということを、しっかりと考えること。

日本人のお金に対する態度は不真面目であるとしか言いようがない。何も考えていない、自分のことしか考えていない。お金を貯め込むということは、他人を信じられないということ。日本人が信じているのはお金そのもの。お金以上に信じられるものがあるだろうか。

 

 

 

我々人間一人ひとりは存在するだけで社会に貢献できる

1円も稼げない赤ちゃんも経済の主体である。なぜならば、例えばベビー服産業は赤ちゃんがいなければ成立しない産業だ。同様のことはベビーカー、おむつなど様々な赤ちゃん産業で言える。赤ちゃんが存在するだけでお金が動いている。

それは赤ちゃんだけのことではなく、我々大人も存在しているだけで経済を動かしている。消費活動によって、多くのはたらく人の生活を支えている。社会貢献とは新しい何かを作り出すことだけを指すのではない。消費することによっても成し遂げることができるのだ。

人は生きているだけで消費活動をしていて、誰かの生産活動に貢献している。すべては繋がっている。このことを経済用語で「互恵関係」という。まわりとの関係で私達は生かされている、そのことを認識することが、経済を理解する上で最も重要なこと。

経済とは共同体のあり方、みんなんの幸せを考えること

どのように生きたらみんなが幸せになることができるかを考えること、それが経済の本質。現実的にみんなが幸せになることはできない。でも、それを目指して努力すべき。経済とはお金を通してみんなの幸せを考えること。

ブラック企業を生み出しているのは私たち自身

僕も含め、消費者は少しでも安くていいものを買おうとする。デフレは消費者がより安いものを望むことによって続いていく。そのしわ寄せは言わずもがな労働者へと向かう。従業員に過重労働を強いるブラック企業を生み出しているのは、私達消費者自身。

自分がステキだと思ったものを買う。すごくシンプルなことで幸せになれる

激しく同意した。

僕は昔からお金を使うことが好きではなかった。なぜ、好きではないかと考えることがしばしばあった。そうすると、毎回行く着く結論は「お金を使っても満足できない」からだった。なぜ、満足できないのか。それは、買ったものに満足できないことが多かったからだ。汗水たらして稼いだお金を使っても満足できない。むしろ、またいい買い物ができなかった、と後悔する。だったらお金なんて使わないほうがマシだ。そういう考え方が自分の中に刷り込まれてしまっていた。しかし、意識的に「これが欲しい」と思って買ったものは、高くても後悔はしないし、そういうものに囲まれる生活は、ただ安いからといった理由で買ったものに囲まれる生活よりも、快適で幸せだ。最近、このことはすごく感じるようなった。僕がここで大切だと思うのは、考え方の変化は年収の増加によってもたらされたものではないということだ。

そしてさっきの互恵関係の話 で考えるならば、自分がステキだと思って、多少高くてもそのものを買ったり、体験をしたりすることは、そのステキなサービスを提供している企業やお店を応援することになる。それはつまり、投資行為につながっていく大切な考え方。

カッコいいかどうかということは本質的なこと

今年の10月1日から株式会社ZOZOへと社名変更するスタートトゥデイ。その社是は「カッコいいこと」。すべての判断はカッコいいかどうかで決められているという。

株式会社スタートトゥデイ、「株式会社ZOZO」へ - 株式会社スタートトゥデイ

例えば遅刻した場合、ステートトゥデイの場合は「遅刻という行為はカッコいいことか、カッコ悪いことか、考えてみてください」と問われる。カッコいいかどうかという問いは非常に本質的で深いものだ。自分たちだけが儲かっていて取引相手が泣いている状況は果たしてカッコいいだろうか。カッコいいかを考えることは、そういう環境をどうつくるかを考えるきかっけになる。

 

 

スポンサードリンク